ワイン

クストーツァのパイオニア
長年愛される続ける確かなクオリティ

クストーツァ 2019

【生産地】イタリア ヴェネト
【生産者】カヴァルキーナ
【品 種】ガルガネガ40%、フェルナンダ30%、トレッビアーノ15%、トレッビアネッロ15%
【タイプ】白 辛口
【アルコール分】12.5%
【価 格】税込¥1832



フェルナンダはコルテーゼのクローン、トレッビアネッロはトカイのクローンです。

トレッビアネッロは力強さがあり、しっかりとしたボディになり、

ガルガネガは、ミネラルの風味がありエレガントです。

収穫した葡萄は、潰れないよう小さな箱に入れ、除梗して圧搾。

フェルナンダは香り高い品種なので、圧搾の前に4~5時間スキンコンタクトします。

4つの葡萄をそれぞれ別々に醸造し、酸素と触れないようにします。

清澄の後10~15日間、約18度で発酵。
フレッシュさを保つために澱とともに1月末から2月初めまで置き、最終のブレンドをします。

麦わら色で、フレッシュな香りがあり、まろやかで調和の良い辛口白ワインです。

「クストーツァはオーケストラ、ソアーヴェは一つの楽器」と、その違いを表現しています。

クストーツァのパイオニア
長年愛される続ける確かなクオリティ は
コメントを受け付けていません