ワイン,  白ワイン,  赤ワイン

ワイン(赤ワイン)の健康効果

ブドウを原料に造られるワインは、カリウムやカルシウムなどのミネラル分を豊富に含んでおり、健康効果が大きいと言われています。



そして赤ワインには抗酸化力が高いポリフェノールが多く含まれています。



その中でもポリフェノールの一種、レスベラトロールという成分が注目されています。



レスベラトロールには抗ガン作用があり、副作用が少ない抗ガン剤開発につながると期待されています。



1日2〜3杯のワインを飲むと心臓病では35%、ガンは18〜24%、全体で30%死亡率が減少するという調査結果も発表されています。



ワインを毎日飲み続けることが老人性痴呆やアルツハイマー病の予防になるという疫学調査結果もあるそうです。



とはいえ、大量飲酒はガンやアルツハイマーなどのリスクが上がりますので、適量を守り健康的な飲酒習慣を身に着けたいものですね♪