ワイン,  樽熟成

樽熟成の効果

ワインを樽で熟成させると、木目のわずかな隙間から酸素が入ります。



それによってワインがまろやかな味わいに変わっていきます。



また、樽からタンニン分が溶け出し、濁り成分を沈殿させやすくなります。



樽材はオークが使用されることが多く、

フランスのトロンセ、アリエ、リムーザン、ヌヴェール、ヴォージュ、ブルゴーニュが有名です。



北アメリカに自生しているオークはヨーロッパと種が異なります。



アメリカン オークはタンニンが少なめで、バニラ香やココナッツ香が強めに香ります。



フレンチオークなどのヨーロッパのオークはタンニンが多めで、バニラ香、ココナッツ香は控えめという特徴があります。



バニラ香は樽の内側をトーストすることにより生じます。



トーストが強いと焦げることで、ワインが染み込み

にくくなり、タンニンの抽出が少なくなります。



そのかわり、スモーキーでコーヒー、カラメルなどのロースト香が強くなります。



トーストが軽いとロースト香は控えめですが、ワインが染み込みやすく、タンニンの抽出が多くなります。



樽の違いを感じるのは難しいことではありますが、

香りや味わいを意識して飲んでみるのもおすすめです♪